福岡市早良区高取にある昭和レトロカフェ「はいから倶楽部」のHPです
1 9 10 11 13 14 17




第一回はいから寄席が無事終わりました。

10代の頃より落語が好きで新宿末広亭、上野鈴本演芸場や浅草演芸ホールなどで聞いていました。
いうまでもなく落語は伝統的な話芸で何といっても凄いのは所作と語りのみで高度な技芸を要し聞く人を虜にするところです。

今回の演目は、粗忽家勘朝さんの古典落語「時そば」と粗忽家勘タンさんの「手水廻し」でした。

特に、勘朝さんのネタは何度聞いてもオチ(間抜け落ち)が分かっていてもそれに至るプロセスが面白く、所作とテンポの早い軽妙な語り、独特の言い回しが勘朝世界を醸し出しこれが落語の真骨頂であるといつも新鮮な笑いを誘います。
手水(ちょおず)はあとでお客さんとも話しましたが今、使われてないし言葉説明をして話に入るのも間があるし・・・結局は聞き手の方もある程度の勉強が必要かもしれません。

今回は江戸落語と上方落語の両方が聞けてよかった・・・とは、Oさんの意見でした。

さあ、次回はどんな演目で私たちを楽しませて頂けるか、席亭の私としても、また一ファンとしても待ち遠しいことです。



haikarayose.jpg





 この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
group sectors
mid induce notes regional resulted ecosystems start proxy
darnallkee URL 2010年02月04日 木曜日 22時03分 コメント編集
panel country
references royal http://www.ntmdt.com average http://www.whothefrak.com http://e-87web.com
kimberlybi URL 2010年02月04日 木曜日 22時04分 コメント編集
 この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
はいから倶楽部
性別:
非公開
ブログ内検索
フリーエリア
最新TB
バーコード
"はいから倶楽部" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.